薬剤師が面接を受ける際の注意事項

薬剤師が面接を受ける際の注意事項

就職や転職の際、どの企業でも面接を受ける必要がありますが、 薬剤師もそれは同じです。 全体的に見ると薬剤師の求人は多く、資格を持っている人は 就職しやすい傾向にありますが、それでも人気企業ですと倍率は高いことも ありますし、決して気を抜いて受けていいわけではありません。

まず最初に履歴書を企業側でチェックして、そこをクリアすると面接に 進むことになります。履歴書が通過したということは、最低限の項目については 問題がなかったということになります。

履歴書はじっくり時間をかけて記入することができますが、面接になると あなたの人間性がその場で判断されてしまいます。 ですから、面接の瞬間だけでなく、日頃の生活からいろいろな事に 気をつけておかなければなりません。

面接は入室するところからチェックされます。 入室の際に不手際があってはマイナスとなってしまいますから、心配な方は 面接のマニュアル等を見ておくと良いでしょう。 そして面接官の問いにはっきりとした声で答えることも大切です。

機会があれば模擬面接を受けたり、自宅で練習しておくと自信を持って 本番の面接に臨むことができます。 また志望動機も重要です。それぞれの薬局や企業ごとに特徴がありますから、 どんな点が気に入って応募したのか、しっかりと答えられるように しておきましょう。

とくに転職する場合は、前職のどこが原因で退職することになったのか 必ず聞かれますので、納得してもらえる答えを用意しておく必要があります。 単に前の職場が嫌になった、などの理由をあげては印象が悪くなりますので、 キャリアアップしたいなどの前向きな回答を用意しましょう。

転職する場合は、転職支援サイトを利用するのもおすすめです。 転職サイト側では企業がどんな人材を希望しているか把握していますから、 面接でどのように答えたら良いか、ヒントを与えてくれることもあると思います。

薬剤師は専門知識を持っているだけではなく、コミュニケーション能力も かなり必要とされます。薬剤師同士でのコミュニケーションはもちろん、 患者さんや来店したお客さんと会話をすることも多いので、 これについても問題がないように対応する必要があります。

↑ PAGE TOP