薬剤師の新卒採用と中途採用の違いと就職状況

薬剤師の新卒採用と中途採用の違いと就職状況

薬剤師で仕事をしている人で転職しようと考えている人や現在は結婚や出産で仕事をしていないけれども復職をして薬剤師の仕事をしようと考えている人もいるでしょう。

ここでは、薬剤師の新卒採用と中途採用の違いと就職状況についてお話をしたいと思います。

まずは、新卒採用と中途採用ってどこが違うのかを整理しておきましょう。 一般企業が新卒を採用する目的は将来企業の支えとなる優秀な人材を確保したいという長期的な戦略にたっていることが多いです。

一方、中途採用で薬剤師を雇いたい場合は基本的に人材を補うためのものが大半なのです。 企業や病院や薬局やドラッグストアは、即戦力になる人材を求めているということになります。 薬剤師の中途採用は人件費を抑えるという意味では新卒よりもコストがかかります。

新卒の方がコストは安いが経験がないので優秀な調剤経験者は雇う価値があると考えているところが多いです。もしも現在製薬会社やドラッグストアに勤めており将来的に調剤薬局で仕事したいと思っている場合それは次第に難しいことになってくるでしょう。

その理由は、2012年以降なって新しく6年制卒の薬剤師が増えたからです。 調剤未経験者はなかなか雇ってもらえないという状況になっています。 今後の薬剤師の中途採用は薬剤師の数が飽和状態になってくるでしょう。

就職先がなかなか見つからないということも覚悟しておきたいです。 現在調剤未経験者で将来的に転職を考えているような薬剤師にとってはすぐに行動を起こすことが重要であると思います。

現在6年制に薬学部が移行し新卒薬剤師が激増しています。 そのため転職を成功させたい人には今がラストチャンスと考えましょう。 将来転職を考えていて薬剤師の資格は持ってるけど調剤未経験という場合は早めに調剤薬局などの薬剤師の中途採用に応募するのが賢明です。

インターネットの薬剤師求人サイトを利用するといろいろな情報を入手できます。 登録するだけで専任コンサルタントがあなたの希望する職場をアドバイスしてくれます。 調剤未経験者であっても今なら未経験でもOKの求人がたくさんあるので安心です。

↑ PAGE TOP