病院薬剤師の給与水準と人気がある理由

病院薬剤師の給与水準と人気がある理由



薬剤師は人気の職業として定着していますが、もともと医療機関は人気のある業種です。 その医療機関の中でも薬剤師は特に人気の高い仕事になっています。 インターネットの転職サイトを見ると求人数がとても多いのがわかりますし、今では薬剤師専用の転職サイトまでできています。
保健師の仕事とは?

薬剤師は就職・転職に有利で長い間売り手市場と呼ばれてきました。 医学部6年制が実施されて薬剤師の数が増えることによって売り手市場から変化が見られると予測されていましたが、それほど大きな変化は感じられません。 その売り手市場の状況は今でもさほど変わらないです。

ここでは、病院薬剤師の給与水準と人気がある理由をご説明したいと思います。 薬剤師が目指す職場の中で一番人気が病院薬剤師です。 売り手市場の薬剤師の中でも断トツの人気がある病院薬剤師は競争も激しく狭き門です。

製薬会社に就職や転職を希望する薬剤師にも同じようなことがいえます。 こういったことから近頃の薬剤師の就職・転職の売り手市場を形成しているのは調剤薬局やドラッグストアと考えていいでしょう。

病院薬剤師の平均年収に関してはいろいろな統計があります。 薬剤師全体の年収で450万円から600万円と考えられます。 一般的な初任給として捉えると病院薬剤師の初任給は20万円で、薬局・ドラッグストア・製薬会社の初任給は23万円です。

この段階ですでに3万円の開きができてきます。 調査会社によると薬剤師の生涯賃金は製薬会社が最も多いとされています。 次いでドラッグストア>薬局>病院薬剤師という順番になるようです。 生涯賃金という面から捉えても病院薬剤師は他の職種よりも少ない傾向にあります。

それでも薬剤師が病院薬剤師を選ぶのはなぜでしょうか? 答えは病院薬剤師という仕事の安定性に他なりません。 病院は製薬会社や薬局から見てお得意様になりますから、立場的にみると上になります。 新薬の調剤をする機会が多くなりますから、研究志向のある意欲的な薬剤師には人気なのです。
富山県薬剤師会

看護師が日勤のみで働ける福祉施設

看護師の仕事というと夜勤があり、休みがバラバラできついというイメージもありますが、最近は休みもしっかり取れますし、日勤のみで働ける職場もあります。

日勤のみで働ける看護師の求人というと有料老人ホームなどの福祉施設や在宅介護です。特に日勤のみの求人は既婚者やシングルマザーの看護師に人気があり、夜は家族と一緒に過ごせる、また、日曜日に休める施設も多くあります。

有料老人ホームなど福祉施設で働く看護師の仕事内容は主に入居者の健康管理となり、介護スタッフと連携してお世話をすることもありますから、多少、看護師以外の仕事もあります。

ただ、病院勤務と比べるとそれほど仕事内容はハードではありません。病院のように緊急性もありませんし、比較的、のんびりしたペースで働くことが出来ます。

また、最近は高齢化社会が進んでおり、福祉施設の数が増えていますし、色々な施設で看護師の求人を見かけるので、求人を探しやすいといえます。今後、ますます高齢化が進むと今よりも福祉施設の数が増えていくと予想され、活躍できる場所が広がります。

ただ、日勤のみになると病院勤務と比べてお給料が下がる場合がほとんどなので、看護師の仕事で高収入を稼ぐなら他の求人を探した方がいいかもしれません。お給料は下がっても夜や休日は家族と過ごしたいとなどライフスタイルを重視されている看護師に福祉施設が向いています。

また、未経験でも働ける福祉施設はありますが、どちらかというと経験者の方が求められています。すべての福祉施設に医師が常駐しているとは限りませんから、看護師の判断で救急車を呼んだり、病院に付き添う必要があるからです。的確な判断ができる看護師が必要なので経験者が求められているのは当然と言えます。

それから、入居者や介護スタッフ、入居者の家族など多くの人と接することになるのでコミュニケーションが上手な方や明るい方が求められています。時には入居者の話相手になったり、福祉施設で開催されているイベントや小旅行に参加したり、貴重な体験もできます。

看護師のストレスについて

看護師、と言われれば常に笑顔を保ち、清楚に振る舞う清らかなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。正に「白衣の天使」。世間がそう呼ぶのも頷けるくらい、看護師という職に就く方々は美しくあるように思えます。

しかし、看護師の仕事はなかなか辛いものだとよく耳にしますね。良しか悪しか愛想笑いが板についてしまう…他人の命を扱う仕事ですから、常に気を張らなければならない…患者のニーズに快く応えなければならない…等々言い出せばキリが無い程です。

命を扱っている為、仕方の無い話かもしれませんが近年社会問題にもなっているブラック企業問題、病院もその内の1つだと言われているのです。

それこそ、定時で帰れることに不安を覚えてしまうくらい、職種上、どうしても患者のニーズ応えなければならないため、自分を二の次にしなければなりません。

しかし、このような事が続くと対人援助でよく起こりがちなバーンアウト(自己犠牲的に仕事をするがやりがいが得られずまったくやる気を無くしてしまう)を起こしてしまう原因にもなります。

また、看護師はきちんと身体を休められないために感情を発散する十分な時間を取れないこともあります。感情の発散が不十分な場合依存症を引き起こすと言われています。

例えば、飲酒、タバコ、コーヒーや紅茶からのカフェイン多量摂取など。この中で看護師の依存症に深く関わってるといえるのがタバコです。看護学生の頃から、仕事と学業の忙しさに板挟みにされ、ストレスの行き場がなくなりタバコに逃げてしまう、こんなケースは珍しいことではありません。

なんと、一般女性より看護学校に通う女子学生の方が喫煙率が高いのです。喫煙によって肉体的ストレス、精神的ストレスを誤魔化しているのです。医療従事者として、いかがなものでしょうか。

とはいっても、喫煙によりストレスを一時でも誤魔化せるというのも大事な手段とはいえます。依存症の克服には、依存対象(この場合ならタバコ)を断つことが必要とされます。それは逃げ場を奪われることと一緒になってしまいます。依存対象を断つためには、まず看護師に安らかな休息を与えることが必要です。

↑ PAGE TOP